Final Exam Format

●フォマットと規則

L1     8月5日   2時30分--4時00分までです。 場所はC-45号教室

E1     8月6日   2時30分--4時00分までです。 場所は通常のCALL室

E7     7月31日  8時50分--10時20分までです。場所は通常のCALL室

P2     7月31日  10時30分--12時00分までです。 場所は
CALL室

M3    8月2日  12時50分--2時20分までです。 場所は228号コンピューター室

T1     
8月2日   2時30分--4時00分までです。 場所は228号コンピューター室

期末試験の場所と時間が下記通りです:

期末試験はスピーキング試験です。全ての録音はペアでします。90以内に
下記の内容を録音しないといけない:


2 Interviews

    全てのBasic Interview質問(1--15)を聞く。そして、それぞれの答えについて、
    もう一つのFollow-Up 質問を聞く。順番は

    A: Basic-Interview Question 1
    B: Answer
    A: それに合うFollow-Up Question
    B: Answer
    A: Basic-Interview Question 2
    B: Answer
    A: それに合うFollow-Up Question
    B: Answer
    A: つつき


Aが聞くfollow-up質問がBasic-Interview質問の2, 3, 7と15はこのInterviewPrint
通りに聞いて下さい。そして、BがInterviewPrint通りに答えて下さい。他の
Basic Interview質問(1-15)のAのfollow-upとBの答えは自由です。ただ、なるべくB
Complete Sentencesで答えるようにして下さい。そして、Bがfollow-up質問が
なるべくYes/No質問ではなく、Wh--/How質問を聞くようにして下さい。



2 Story Conversations (経験話と相槌)


すくなくとも2分ずつ。
Bの相槌はすくなくとも下記の1個ずつ使って下さい:

--------------------------------------------
Generalization Comment
[(doing----)] is--(形容詞), isn’t it?
[(--名詞--)] is --(形容詞), isn’t it?
It’s--(形容詞) [(to do---/doing----)] isn’t it?
[I think a lot of people----]
Personalization Comment
[Oh, I-----------too.]
[Oh, I---------but---------]
[Oh really? (In my case)---------]
Speculation Comment
[I guess that---- ]
[I guess you---- ]
[I bet that---- ]
[I bet you---- ]
[You must----]
[That must (be/have been----)]
Sounds like---[文書]----
“How----“ Question
Repeat Pattern (“Oh you did?” “Oh it was?” “Oh they were?”等….)
--------------------------------------------


1個の会話が自分が自分のストリーについて話しながら相手が「Active Listening」
   response」で反応する

1個の会はが相手のストリーを聞きながら「Active Listening」表現を使って反応
   してあげる。
 

このペア会話はパートナーと録音します。パートナーを自分が選んでも
いいです
。その人と練習してもいいです。そして、その練習を録音して、「self-study
speakingとしてカウントできます。

(Interview Printをダウンロードできなかったら、Download
Class Materials
で、「Class Thirteen Materials」のところに
ある「Final Exam Interview Preparation」をダウンロード
出来ます。